艦これSS 胸のある話15

201pt   2018-04-08 01:00
二次元.com|SSまとめサイト

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)18:58:01 ID:KhC
「ていとくぅ、皆がケッコンカッコカリの話するんだけどさぁ、ぶっちゃけどーなの?鈴谷にだけ、教えて♪」
鈴谷は小柄な提督を後ろから抱きしめる。その瞬間、勢いよく執務室の扉が開かれる。
「抜け駆けは許しません」
「げ、加賀さんじゃーん……どしたのー?」
加賀はいつにもなく冷たい眼で鈴谷を見詰める。
「……貴女こそどうしたのかしら?そんなに提督に近づいて。」
「鈴谷はお話しに来ただけだしぃ……」
「あら奇遇ね。私もお話しに来たのよ。大事なお話するから、席を外してくれないかしらね?」
「えー、鈴谷今来たところなんだけどぉ」
提督を挟んで、二人の間に見えない火花が激しく飛び交う。
「あ、あの、二人ともお話って、何……?」
苦笑いしつつ提督から話を切り出す。
「んー、提督さー、ケッコンカッコカリって知ってる?」
「あぁ、うん、大分前から噂になってたね」
加賀は鼻先が付きそうなほど顔を近づけ、問う。
「単刀直入に伺いたいのですが、提督はどの艦娘とケッコンなさるおつもりでしょうか」
「え、えっ、ちょ、ま、えっ?」
「逃げない逃げないー♪」
より強く抱きしめられると同時に、後頭部に豊満な胸が押し付けられる。
「さぁ、教えてください」
椅子の上でじたばたと暴れるが、艦娘の力には勝てるはずもなく……。

058c8730-s.jpg c?ro=1&act=rss&output=no&id=7901982&name
   漫画LTEアンテナトップページへ
の話題が沢山。